子供を連れて新潟自然科学館に行きました。

やはり子供連れが多く賑やかでした。

私自身も小さい頃から行っており、昔と変わらない懐かしい感じがしました。

自然科学なので学校の科目で言えば理科ですよね、風の不思議、水の不思議、宇宙の不思議………。


新潟県新潟市中央区女池南3丁目1番1号

スポンサーリンク

人もたくさんいたので中々写真は撮れなかったのですが、子供を差し置いてまで興味があるのは宇宙について、星についてです。

天井からぶら下がっている惑星達。

地球がこのくらいなら土星は、木星は、火星は…と大きさが分かります。

それを見てると地球と言うのは小さな惑星であり、他の惑星は地表に降り立つとどんな感じなのか、どのくらい地球と離れてるのかとても気になりますね。

もう2枚は竜巻を表した写真と風の力で浮く苺の写真です。

竜巻はどう出来るのか、苺が浮いて回る秘密などが分かります。

宇宙以外にあまり興味示さない私ですが子供が喜んでくれれば嬉しいです。

特に苺が浮きながら回る光景が面白いのか苺を取ろうと必死に手を伸ばしていました。

そして最後は磁石の不思議。

どれとこれがくっつくかな?と子供と楽しみながらやりました。

これも違う、あれも違う、あ、これだ!と見付ける顔がとても嬉しそうでした。

自分も童心に返る自然科学館。

一日があっという間に過ぎていきました。